スキップしてメイン コンテンツに移動

Godot EngineでHUD表示

3D空間に2DUIの表示についてのメモ。

Viewportノードを作成し、その下に表示したい2D UIを作る:

そして表示用のMeshInstanceも作成しておく。メッシュはQuad、マテリアルはMaterialOverrideに下のような感じに設定する:
そして、最後に_ready( )に以下のコードを使用:

# 名前とかは適宜変えてね
func _ready( ):
    $MeshInstance.material_override.albedo_texture = $Viewport.get_texture( )


上下反転しているときは、テクスチャをFilpYするか、ViewportのRenderTarget/VFlipをtrueにすると直る。

Viewportにはスクリーンサイズを設定するところがあるので設定しわすれないように注意する。背景を透明化するときは、TransparentBgをtrueにする。

サンプルのGui in 3dでも使われている、ViewportTextureというのがあったけど、これはBillboardをtrueにすると上手く動かなかった。サンプルでは3Dで描画してたが、今回は常にこっちを向かせたかった。

コメント

このブログの人気の投稿

UTF8からSJISに文字コード変換ライブラリを作りました

HaxeでWindowsのコンソールに出力するさい、SJISでないと文字化けを起こしてしまいます。
というわけで、文字コード変換ライブラリを作ってみました

2016-05-25追記:今はnorikoというライブラリにSJIS、UTF8、JIS、EUCの文字コード変換ライブラリを実装しています。

ぐるんぐるん

今、ぐるんぐるん(仮)という名前のゲームを作っています。
いわゆる、6DoFでの空間上で撃ちあいをするゲームになっています。Godot Engineの練習3作目として作っています。

Godot Engineの練習として以下の機能を実装する予定ではありますが、調べながらなので何時実装になるかはわかりません。

・ネットワーク対戦
・洞窟ステージ
・軽量化(GridMap + Lightをなんとか良い感じで使いたい)

LightはBakeできるハズなんですが、やるとエディタごと落ちるのでちょっと要調査です。

HaxeのSMFライブラリ format-midiを公開しました

HaxeでStandard MIDI File(以下SMF)の読み書きができるライブラリ「format-midi」を公開しました。

https://bitbucket.org/arlez80/format-midi

これでHaxeを用いてSMFの生成/解析ができます。
使い方はHaxelibのformatというライブラリにあわせて作ってありますので、簡単に使うことができると思います。

https://bitbucket.org/arlez80/m2sauna
これはformat-midiを使って作っている、SMFからAudiosaunaというブラウザ上で動くシーケンサー用のファイルに変換するツールです。