スキップしてメイン コンテンツに移動

Godot Engineでローカライゼーション

Godot Engineでローカライゼーションする方法について。

ドキュメントにはスクリプトを使う方法とタイトルを変更する方法、リソースを変える方法は乗っているんですが、スクリプトを使わずにGUIノードのローカライズをする方法が乗っていなかったのでDiscordで聞いてきました。

テキストの準備

UTF8エンコーディングのcsvを用意します。下記のような感じで書いていきます。

,jaJP,en
KEY_HELLO,こんにちは,hello

読み込んでおく

Project > Project Setting > ローカライズタブ > 追加...でCSVのフォルダにある*.translationを追加する。

ここで、*.csvを指定すると上手く動きません。ちょっとハマりました。

適応する

スクリプトを使う方法

下記コードでOKです。
tr("KEY_HELLO")

GUIの文字列に対してスクリプト使わない方法

今回の本題。実はなにもしなくても、デフォルトで変換されます。
GUIノードのTextプロパティにキー(上のCSVの場合は、KEY_HELLO)をそのまま指定するだけで大丈夫でした。

どうやら当初言語指定が間違っていたみたいで(Fallbackの指定がja_JPなのに、csv上はjaとしか書いていなかった)、動いていなかったようです。

タイトルを変える方法

こちらも、キーのみを記述すればタイトルが変わります。

コメント

このブログの人気の投稿

UTF8からSJISに文字コード変換ライブラリを作りました

HaxeでWindowsのコンソールに出力するさい、SJISでないと文字化けを起こしてしまいます。
というわけで、文字コード変換ライブラリを作ってみました

2016-05-25追記:今はnorikoというライブラリにSJIS、UTF8、JIS、EUCの文字コード変換ライブラリを実装しています。

ぐるんぐるん

今、ぐるんぐるん(仮)という名前のゲームを作っています。
いわゆる、6DoFでの空間上で撃ちあいをするゲームになっています。Godot Engineの練習3作目として作っています。

Godot Engineの練習として以下の機能を実装する予定ではありますが、調べながらなので何時実装になるかはわかりません。

・ネットワーク対戦
・洞窟ステージ
・軽量化(GridMap + Lightをなんとか良い感じで使いたい)

LightはBakeできるハズなんですが、やるとエディタごと落ちるのでちょっと要調査です。

HaxeのSMFライブラリ format-midiを公開しました

HaxeでStandard MIDI File(以下SMF)の読み書きができるライブラリ「format-midi」を公開しました。

https://bitbucket.org/arlez80/format-midi

これでHaxeを用いてSMFの生成/解析ができます。
使い方はHaxelibのformatというライブラリにあわせて作ってありますので、簡単に使うことができると思います。

https://bitbucket.org/arlez80/m2sauna
これはformat-midiを使って作っている、SMFからAudiosaunaというブラウザ上で動くシーケンサー用のファイルに変換するツールです。