スキップしてメイン コンテンツに移動

AnimationTreePlayerのメモ

最近Godot EngineでTPSを作っています。先日の八耐もコレを作っていました。
AnimationTreePlayerを使って、3Dモデルのアニメーション制御をしたのでそのメモ。

この子には上半身用のアニメと下半身用のアニメが分かれて入っており、

それをブレンド、ミックスなどをしてアニメーションするためには、AnimationTreePlayerをノードを追加します。
このノードには以下のようなものがあります。

  • Animationノード
    • アニメーションのソース。
  • Transitionノード
    • アニメーション遷移用。複数アニメーション切り替えに使用する。切り替えの秒数も指定できる。
  • Blend2ノード / Blend3ノード / Blend4ノード
    • 複数アニメーションをブレンドする。
  • Mixノード
    • 複数アニメーションを合成する。今回、上半身と下半身を組み合わせるときに使いました。
  • TimeSeekノード
    • アニメーションの再生時間を変更する
  • TimeScaleノード
    • アニメーション速度を変更する
  • Outputノード
    • 最終的にここに繋げる


で、今回できたアニメーションツリー。
Mixに繋がっている2つの入力が 上半身(a)と下半身(b)です。他にもダメージを受けたときや空中で前進/後退しているときの制御も入っています。
このアニメーションツリーを操作するAPIは公式ドキュメントを確認してください。
http://docs.godotengine.org/en/3.0/classes/class_animationtreeplayer.html

コメント

このブログの人気の投稿

UTF8からSJISに文字コード変換ライブラリを作りました

HaxeでWindowsのコンソールに出力するさい、SJISでないと文字化けを起こしてしまいます。
というわけで、文字コード変換ライブラリを作ってみました

2016-05-25追記:今はnorikoというライブラリにSJIS、UTF8、JIS、EUCの文字コード変換ライブラリを実装しています。

ぐるんぐるん

今、ぐるんぐるん(仮)という名前のゲームを作っています。
いわゆる、6DoFでの空間上で撃ちあいをするゲームになっています。Godot Engineの練習3作目として作っています。

Godot Engineの練習として以下の機能を実装する予定ではありますが、調べながらなので何時実装になるかはわかりません。

・ネットワーク対戦
・洞窟ステージ
・軽量化(GridMap + Lightをなんとか良い感じで使いたい)

LightはBakeできるハズなんですが、やるとエディタごと落ちるのでちょっと要調査です。

HaxeのSMFライブラリ format-midiを公開しました

HaxeでStandard MIDI File(以下SMF)の読み書きができるライブラリ「format-midi」を公開しました。

https://bitbucket.org/arlez80/format-midi

これでHaxeを用いてSMFの生成/解析ができます。
使い方はHaxelibのformatというライブラリにあわせて作ってありますので、簡単に使うことができると思います。

https://bitbucket.org/arlez80/m2sauna
これはformat-midiを使って作っている、SMFからAudiosaunaというブラウザ上で動くシーケンサー用のファイルに変換するツールです。