スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2017の投稿を表示しています

format-solid更新

Haxeで3Dモデルファイルの読み書きを行う、format-solidを公開しました。

Haxeで3Dをやる手段はいくつか存在しますが、モデル自身の読み書きが簡単にできるライブラリがあれば、いろいろ捗ると思ったので作成しました。

https://bitbucket.org/arlez80/format-solid

今は、自分がよく使いそうなファイル形式しか対応していませんが・・・。

FlxTilemapExtの坂道

坂道の設定について。前回もやってて忘れてしまったのでメモ。

坂道を設定する際に、どのブロックにどう設定すれば良いかの画像を作りました。
なお、緩やかな坂と急な坂にもNorthWest/NorthEast/SouthWest/SouthEastの設定が必要。


HaxeFlixelの当たり判定

HaxeFlixelでアクションゲームを作ってて気づいたので忘れないうちにメモ
当たり判定が上手く動かなかったので、ちゃんと動くように
super.updateの位置 FlxSpriteなどのsuper.updateの位置 override public function update( elapsed:Float ):Void
{
   // 移動などの処理
   super.update( elapsed );
}
上記のように最後に配置する 当たり判定 FlxStateで override public function update( elapsed:Float ):Void
{
   // シーンに必要な処理
   super.update( elapsed );
   // 当たり判定
} 上記のようにsuper.updateの後におくと上手くtouchingやwasTouchingなどが処理されるようになる
 FlxTilemapExtの当たり判定 <型や>型の部分の当たり判定が上手くいかないバグがある。
また、velocityが一定以上のスピード(120を超えているとき?)に、たまに地形にひっかかる(velocity.xが0になる)ことがある。 今回は、1フレーム前のvelocityを保存しておいて、キー入力がある+前のvelocity.xが一定以上+現在のvelocity.xが0の場合、velocity.xを1フレーム前のvelocity.xに書きかえるようにした。

文字列ライブラリ noriko 1.3.0をリリースしました

数日前ですが、noriko v.1.3.0をリリースしました。
主に、スクレイピングまわりの更新です。
現在もHTMLまわりの機能を追加しています。

リポジトリは下にあります。

https://bitbucket.org/arlez80/noriko

ライブラリに対する要望やプルリクなどをお待ちしております。

HaxeのSMFライブラリ format-midiを公開しました

HaxeでStandard MIDI File(以下SMF)の読み書きができるライブラリ「format-midi」を公開しました。

https://bitbucket.org/arlez80/format-midi

これでHaxeを用いてSMFの生成/解析ができます。
使い方はHaxelibのformatというライブラリにあわせて作ってありますので、簡単に使うことができると思います。

https://bitbucket.org/arlez80/m2sauna
これはformat-midiを使って作っている、SMFからAudiosaunaというブラウザ上で動くシーケンサー用のファイルに変換するツールです。

文字列ライブラリ noriko 1.2.0リリース

haxelibで 文字列ライブラリ noriko v.1.2.0をリリースしました。

http://lib.haxe.org/p/noriko/

今回の更新は以下の通りです。
sprintfの%fのバグ修正 Std.string( f )を使用していたので、指数表記などになるような大きい数や小さな数になると、おかしな表示になってしまうバグを修正しました。
strcmp追加 strcmpが追加されました。追加したかったんだもん。 getElements追加 全てのタグを連結して返してしまうgetTagは非常に使い勝手が悪いので、配列で返すバージョンを追加しました。

FlxNestedSpriteのカラー

最近トップビューの戦車ゲームを作っています。

戦車は「車体」と「砲塔」の2つに分けられます。
でこれをHaxeFlixelで表示しようとする場合、FlxNestedSpriteを使うと便利ですが・・・

colorを設定すると、子供に伝達されてしまいます。
xやyなどはrelatedホニャララというプロパティがありますが、colorにはありません。

方法を見つけたらまたブログを書きます。

AnzVM作りました

最近、Forthを作りたくなったのでForthを作ったのですが、これはHaxeで作ってあるのでHaxeが吐けない環境では動かせません。

Haxeが吐けなさそうな環境でも動かすように、CでVMを書いてみました。
https://bitbucket.org/arlez80/anzvm-c Anz VM(あんずVM)です。
一応GCもかかえていて、Yui Forth(Haxe版)と同じように実行することができます。 (現在、文字列まわりがまだ未実装)